スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冠を戴く蒼き翼

 やあ、なびるなだよ!

 さてさて、皆さんは「冠を戴く蒼き翼」をご存知だろうか?
 冠を戴く蒼き翼とは、遊戯王OCG界で一番名前のかっこいいカードである。
 ?と思った人はとりあえず冠を戴く蒼き翼とその場で3回呟いてほしい。

 冠を戴く蒼き翼冠を戴く蒼き翼冠を戴く蒼き翼…。

 わかっていただけただろうか?

 今日は、このカードについて話そうと思う。なんとなくだ。

33025476_m.jpg
『冠を戴く蒼き翼』
英名:Blue-Winged Crown
通常/☆4/風属性/鳥獣族/攻1600/守1200
テキスト:頭の毛が冠のように見える、青白く燃えるトリ。

 見ての通りの通常モンスターだ。
 しかし、素晴らしい語感である。
 どうやら、トリらしい。鳥じゃないところがミソだ。動物名をカタカナ表記する場合、生物学的分類を示しているのだそうだ。つまり、冠を戴く蒼き翼は怪異や妖怪ではなく、確かに、生物学的にトリだということだ。とても現実的である。
 では、このカードの特徴を見ていこう。
1562.jpg
①ゴッドバードアタック、スワローズネストできる
 このカードは鳥獣族だ。当然、鳥獣族専用カードを使用出来る。その中でも、鳥獣族、ぶっ壊れカードGBAが使えるのだ。
 さらに、バニラならではの場に出しやすいところもGBAと好相性だ。
 スワローズネストも、例えば、聖鳥クレインを出せば、ドローできる。それだけだ。
 風であるため、雅もできるが、デッキにもよるけれどやはりGBAの方が優先だろう
20120416_d47784.jpg
②レスキュー・ラビットで出せる
 このカードは効果のない通常モンスターである。だが、昨今、通常モンスターは通常モンスターであるというだけで利点となりつつある。多くのサポートカードが存在するためである。
 多くの蘇生カード、ドローカード、などなどあるが、一番の強みはやはりこれだろう。
 この変な兎は自身を除外してデッキから☆4以下の同名通常モンスターを2体特殊召喚するというものである。非常に強い。すぐさま冠を戴く蒼き翼が2体フィールドに並ぶのだ。素晴らしいではないか。
 そのまま殴っても良し、エクシーズしても良しである。
 さらに、風という利点を活かしてガルドスの羽根ペンを使うのも良いかもしれない。墓地行ってしまったこのカードを戻せば、兎の条件も満たしやすい。
card100011470_1.jpg
③千鳥、シルフィーネが出せる
 ☆4であるため、まず、当然ながら★4を出すことが可能だ。
 しかし、実はこの風、または鳥獣族という特徴は、現在のエクシーズ環境において大きな利点となっている。

 ☆4風属性→電光千鳥になれる
 ☆4鳥獣族→零鳥獣シルフィーネになれる

 現在、縛りのあるエクシーズというのはそれほど多くはなく、その中で2種類もの、しかも実戦級のエクシーズになれるというのは大きな利点である。
 電光千鳥は召喚時セットカードをデッキボトムへ、素材を使って表側カードをデッキトップへ送るという凶悪なカードである。そして、値段が高い。
 零鳥獣はアニメで璃緒のエースカードであり、相手フィールドの表側カードの効果を次のスタンバイフェイズまで全て無効にするという効果である。少々、素材縛りが強いがそれだけの価値のある強さを持っている。

 さらに、★4にはダイガスタ・エメラルという素晴らしいカードがある。墓地から通常モンスターを完全蘇生できるという優れものだ。しかも、素材で外したカードをそのまま蘇生できてしまうのだ。兎のエンド時、破壊というデメリットを消しつつ、ダイガスタ・エメラルと冠を戴く蒼き翼という2体の場アドバンテージを保持できるのだ。ただし、墓地に通常モンスターがいないと効果発動自体ができないため気をつけるように。
 ☆4で大物級のカードではないこのカードを蘇生するメリットはそう多くはないが、簡単に出せるのでエメメメくらいは覚えておいてもいい。あと、最近安くなった。


 とまぁ、こんな感じでバニラ☆4風鳥獣族の素晴らしさはわかっていただけたと思う。
 ただ、問題は、①②③の特徴は全ての通常☆4風鳥獣族で言えることなのだ。
 では、バニラ☆4風鳥獣族というのはどれほどの種類がいるのだろうか…?

 バードマン 1800/600
 冠を戴く蒼き翼 1600/1200
 スカイ・ハンター 1550/1200
 セイント・バード 1500/1100
~~~奈落~~~
 タクヒ 1450/1000
 本の精霊 ホーク・ビショップ 1400/1200
 アブソリューター 1300/1400
 ハーピィ・レディ 1300/1400
 タイホーン 1200/1400
 ワイバーン 1200/1000

 10種類。
 多い。
 考えてみれば当然だ…。水魚くらい安直な組み合わせだ。光天使くらいにしっくり来る組み合わせだ。むしろ、この程度で済んでよかったと思うべきであろう。

 このカード達の中で一番使いやすいカードは間違いなくハーピィ・レディであろう。ハーピィ専用の数々のサポートカードが存在しているため、他のカードに比べたら群を抜いている。
 さらに攻撃力はバードマンの方が上である。ハーピィ関連カードを使わないとしてもこちらが優先されるだろう。守備力にいたってはハーピィがトップタイである。
 じゃあ、このカード達とくらべて優れている点はどこにあるのだろうか?

 攻撃力1600は全バニラ☆4風鳥獣族中第2位である。つまりだ。デッキにバードマンがすでに3枚入れられているのならば、この攻撃力は意味のあるものになる。いやそんな消極的な理由でいいのか、馬鹿じゃないのか、オレは冠を戴く蒼き翼で頂点を目指すと決めたんだ。そんな理由じゃダメだ。

1511.jpg
④ブラック・ガーデンで蘇生できる
 冠を戴く蒼き翼の攻撃力は800×2、つまり、ブラック・ガーデンに対応しているのだ。え?もう通常モンスター専用蘇生カードが腐るほどある?じゃ、じゃああれだ。もともと、ブラック・ガーデンを採用しているデッキにレスキュー・ラビットを入れたくなった場合に入れれば良いのだ。前述のとおり、☆4風鳥獣族は十分に差別化できるメリットを抱えているのだ。おお、ここまで来て、使う理由が明確になってきた気がするぞ。ただ、黒庭に兎なんてデッキをわたしは知らない。
 ちなみに、1600という数値は奈落に落ちる。これはデメリットと言わざるを得ない。その点、バニラ☆4風鳥獣族にはタクヒという絶妙に奈落を回避するカードがある。1450とかすごい。
 1500を超えているせいでドラゴンフライにも対応していない。

OCG-1207.jpg
⑤裁きの鷹に融合できるつまり、プリズマーで落とせる
 このカードには融合がある。そう、融合できるのである。
 冠を戴く蒼き翼とコケを融合することにより、ジャッジメント・ホーク…ではなく、さばきのたかである。
 ルビもさばきなのだから、裁きの龍()よりもよっぽど、裁きと略されるべきだ。
 ちなみに、英語名はPunished Eagle。これじゃ裁かれる鷲である。
 それは置いといて、裁きの鷹のスペックを紹介しよう。

融合/☆6/風属性/鳥獣族/攻2100/守1800
「冠を戴く蒼き翼」+「コケ」

 はっきり言おう。出す意味は皆無だと。風属性のせいで、呪印生物もなく、☆6で簡易融合にも対応しない。このカードのためにさらに2枠割くなんて馬鹿げているというしかない。
 しかし、融合先が存在するというだけで、世の中にはメリットになるカードがあるのだ。それがプリズマーだ。プリズマーによって、冠を戴く蒼き翼を墓地に送ることができる。
 これはバードマンにもハーピィにもない利点である。偶然にもプリズマーを採用しているデッキであるならば知っていて損はない情報であろう。このカードを落としてどういう意味があるのかは全く分からないが。
 ちなみに、融合先があるのは他に
 スカイハンター+セイント・バード→紅陽鳥(炎)
 タクヒ→デス・バード
 タイホーン→マブラス(☆4) 相違点のみ括弧内に表記
 であり、結構多い。簡易融合にも対応しているためタイホーンがこの点では一歩抜きん出ているのは間違いないだろう。

51qd7.jpg
⑥攻守合計値が1番高い
 実は、これははっきりしすぎているため、ここまで引っ張ってしまった。気づいていた方も少なくないだろう。
 とりあえず、攻守の合計値を並べてみよう。

 冠を戴く蒼き翼 2800
 スカイ・ハンター 2750
 バードマン 2400
 アブソリューター 2700
 ハーピィ・レディ 2700
 タイホーン 2600
 セイント・バード 2600
 本の精霊 ホーク・ビショップ 2600
 タクヒ 2450
 ワイバーン 2200

 こうだ。冠を戴く蒼き翼がスカイハンターに50ポイントの差をつけ堂々の1位なのだ。
 つまり、冠を戴く蒼き翼が一番攻守において優れているのだ。こんなにはっきりとした理由があったじゃないか。やっぱり冠を戴く蒼き翼、ひと味ちがうぜ。
 HAHAHA、どうだ?これで使う気になっただろう?ん?ならない?ん?

51qd7.jpg
⑦名前がかっこいい
 冠を戴く蒼き翼、カンムリヲイタダクアオキツバサ、KANMURIWOITADAKUAOKITSUBASA。
 素晴らしい名前ではないか。
 本の精霊 ホーク・ビショップもなかなか活かした名前ではあるが、冠を戴く蒼き翼の前では霞んで聞こえる。


 まとめ

 どうだろうか?冠を戴く蒼き翼の素晴らしさがわかっていただけただろうか。
 とりあえず、いまいち伝わらなかった人は騙されたと思って1度だけでいい、
「冠を戴く蒼き翼と冠を戴く蒼き翼でオーバーレイネットワークを構築ゥ!!!」
 って言ってみてくれ。それで全てが伝わるから。うだうだ書いてきたが結局そういうことなのだ。
 その上で、「なんで冠を戴く蒼き翼なんですか?バードマンやハーピィ・レディじゃダメなんですか?」と聞かれたら、「冠を戴く蒼き翼が1番攻守の合計値が高いんですよ」と答えてあげればいい。それでいいのだ。
 そして、


 ワイバーンが最低の野郎だってことも伝わったはずだ…

 ということで今後、遊戯王について、なんか書くことがあるかは一切不明だし、多分書かないと思うけど、今年度もよろしくね。
 みんなの愛しのアイドルなびるなでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。